看護師転職

看護師の受け入れに対するサポート

新しい中途採用看護師が受け入れ側と共通の看護の文化をつくった

中途採用看護師に対して具体的にどのような指導をすればよいのかについては、看護管理者や教育担当者、受け入れ側の看護師がお互いに指導内容を共有することが大切です。

指導の基本となる部分を共有する機会がなければ、それぞれが指導・教育的だと考える行動にばらつきが出て、場合によってまったく正反対の対応をすることさえあります。

続きを読む

看護師の育成プログラム継続教育に必要な戦略的マネジメント

中途採用看護師の定着に励むベテラン看護師

中途採用看護師の定着と活用を持続的に可能にするのは、異なる価値観を排除せず、新しい知識として取り入れ、さらにそれを進化させることのできる組織です。

そのように知識を共有し人が育つ組織をつくりあげ、維持・発展させるにあたって、看護管理者は大きな役割を担っています。

続きを読む

医療ミスや事故をつながる看護師のパワハラ問題解決策

看護師のパワハラ問題

現在の日本の社会においてパワハラの問題は毎年増え続けています。これは一般企業はもちろん、医療機関でも問題になっています。パワハラといえば、上司から部下に暴力や暴言、嫌がらせをするイメージですが、同僚からパワハラをうけるケースも少なくはありません。

医療機関や会社・組織でのパワハラやいじめについてのアンケート調査を集計した結果、90%の社会人が体験した事があるという回答が得られています。パワハラやいじめを受けた事のない方でも、そういった行為をから引き起こす医療事故等を減らす方法と人間関係についての解決策をご紹介いたします。

続きを読む

看護師の退職は穏便に退職したいので表向きの理由を伝える

看護師はとてもやりがいのある仕事ですが、反面、とても辛い仕事でもあります。
看護師国家試験に合格して、やっと正看護師の資格を取得し、毎年たく さんの新人新人看護師が新しいスタートをしているのに、まだまだ看護師が足りないのが現状です。それは多くの看護師が次々と退職してしまうからです。

続きを読む

看護師が転職する前に明確にすべき10のチェックポイント

満足する労働環境の病院への転職に成功した看護師

看護師の転職に失敗はつきものです。いざ入職してみると、「思ったより忙しかった」、「すごく人間関係が悪かった」、「職場の医師や看護師のレベルやモラルの低さに愕然 とした」など事前に思い描いていたイメージと大きく異なり、むしろ転職前よりも状況は悪化した、というケースも少なくありません。

どうすればこのような失敗を防ぐことができるのでしょうか?転職先の情報収集をして自身が目指す労働環境に合うのか?その方法を紹介していきます。

続きを読む

看護師の転職は人間関係や苛烈な夜勤・交代勤務に給料が合わないため

厚生労働省の調査によると、2012年度の看護師の平均月収は33万円というデータがあります。賞与を含めた平均年収は471万円で、平均年齢は 34.6歳。男性看護師の平均年収は488万円、女性看護師は470万円と男女差もごくわずか。といっても、男性の割合は7.3%だけなのでやはり女性色が強い職業。

続きを読む

看護師転職は法律に基づいた看護協会運営のeナースで探そう

看護師の転職先は、看護師の人材確保のための法律に基づいて看護協会が運営するeナースで探してみよう。
ナースセンターとは各都道府県の委託を受け、看護師の人材確保のための法律に基づいて1992年から看護協会が運営する組織です。ナースセンターの主な事業に、ナースバンク(看護師専門のハローワーク)事業があります。

続きを読む

看護師が転職で成功するための5つのキャリアパス

狂乱のバブル景気が終わりを告げ、終身雇用や年功序列といった古くからの日本型経営が崩壊してから、企業に勤務する人たちのキャリアデザインは大きく変わりましたが、看護の世界も例外ではなく、かつてのように一つの病院に長く勤める看護職は少なくなりました。

続きを読む