2016年 12月 の投稿一覧

看護師転職は法律に基づいた看護協会運営のeナースで探そう

看護師の転職先は、看護師の人材確保のための法律に基づいて看護協会が運営するeナースで探してみよう。
ナースセンターとは各都道府県の委託を受け、看護師の人材確保のための法律に基づいて1992年から看護協会が運営する組織です。ナースセンターの主な事業に、ナースバンク(看護師専門のハローワーク)事業があります。

続きを読む

新人看護師が離職を決意する理由は不十分なOJT指導

看護に生きがいを感じる

この数年来、看護界では新人看護師の離職率の高さが常に問題にされてきました。その数値は、同世代の新規学卒者(大卒)と比較した場合、ことさら高いとは言えませんが、それが議論の的になるのは、超高齢社会の到来と共に看護職の需要が高まる中、少子化によって今後看護職を目指す若者の実数が減少することが予想されるからです。

続きを読む

起業ナース取り組みの1番目は経営を学ぶ場が 必然的に必要

訪問看護の経営を学ぶ

最近、新たに立ち上がるステーション(以下、S丁)が増えてきたので、経営母体がどのような法人種別になつているのかを、全国訪問事業協会推進委員会部会で調べてみました。すると、2013年の時点で営利法人が一番多くて全体の3割強、さらにその半数は看護師が設立していました。

続きを読む

看護師が転職で成功するための5つのキャリアパス

狂乱のバブル景気が終わりを告げ、終身雇用や年功序列といった古くからの日本型経営が崩壊してから、企業に勤務する人たちのキャリアデザインは大きく変わりましたが、看護の世界も例外ではなく、かつてのように一つの病院に長く勤める看護職は少なくなりました。

続きを読む

看護職は病院だけではなく地域包括ケアに突入する

訪問看護で子供を癒している看護師

「地域包括ケアシステム」という言葉を聞いたことがありますか?

地域包括ケアシステムとは、訪問看護が属する在宅医療はもちろんのこと、大病院の入院医療も含めた「医療」と「介護」を統合した地域のなかでの、包括したケアシステムのことです。

続きを読む