2017年 2月 の投稿一覧

看護師のワークライフバランスと諸外国における看護職との比較

英語圏の看護師

看護職の男女の割合は女性949%、男性は5.1%と、女性が多い職業です(平成20年度保健・衛生行政業務報告「衛生行政報告例」)。女性の看護職の平均年齢は、生命の危機状態や全身管理が必要な状態の人を多く治療する「急性期の施設」で32歳、症状は激しくないが、完治が困難な状態が長期間にわたる人を多く治療する「慢性期の施設」で37歳です(日本看護協会「日本の医療を救え 2011」)。

続きを読む

看護職員数約150万人と看護職の就業施設の状況

様々な施設で働く看護職員

看護師、保健師、助産師、准看護師の4つの資格がある
看護職には、「看護師」「保健師」「助産師」と「准看護師」の4種類の資格があります。看護師、保健師、助産師は、国家試験に合格して厚生労働大臣から免許を得る「国家資格」です。

続きを読む

看護キャリアアップに最短距離で到達しようとする看護師

専門看護師、認定看護師が生まれて10年あまりたち、看護師を目指す若い人たちにとっても「新しい看護のキャリア」として夢を与えてくれる存在になっています。

早い時期から目標を明確にもつことはよいことです。しかし、「最短距離で目指すキャリアに到達することが何より大切」といった行動をとる看護師は、時に周囲を困惑させるのはなぜでしようか。

続きを読む

手術室看護師はどこに?患者が死ねば、下手人は私です

患者が死ねば下手人は私です

「ずっと手術室にいてくれる」というのが″できる看護師の条件″と書きましたが、これはやはり経験年数を積んだ看護師、ということになるでしょう。長く続く、ということは仕事が好きだろうし、有能だろうといえます。

人間性についても周りから嫌われたりちょっとおかしい人は長く職場にはいられません。長く続く職場とは、友好な人間関係がなせる業です。

続きを読む

看護師と医者がカルテの廃棄、改善の怪

善悪に悩む医者

さて、スタジオで披露される看護師さんの暴露話を聞くといつも出てくるもう一つの疑間は、「何でそんな不満だらけの病院に勤め続けているの?。何で辞めないの?」と疑問を抱きます。

「医療ミスを隠した、などと医者を批判している看護師も共犯です!」

テレビを観ている一般の人はそう思うに違いありません。実際の現場でも多くの看護師さんは医者の不正を見て「こんなことを黙ってはいられない」と思うのが普通でしょう。アナタもそうですね?。

続きを読む

バラエティ番組でのニセ看護師の暴露話~驚かないで!

ふんどし医者{おバカかな?)

医者がスタジオに並んで座らされ意見を言わされる。こんな番組が増えているようです。

『爆笑問題&日本国民のセンセイ教えて下さい!』(テレビ朝日系)、『医者ズバッー』(TBS系)、『ニッポンの病院100%活用術サイテー病院に怒り爆発―』(フジテレビ系)、『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)など、過去に他人事のように言っていた私はそのいくつかに顔を出したことがある張本人。

医者の愚かさの実態を暴露してみようかな。 驚かないで!

続きを読む

バカな子供は医者に、適性のある子供は看護師に

明るく笑顔で患者の接することができる適正の合う看護師

看護師さんのお嬢さんがやはり看護師という人が目立ちます。おそらく親御さんの仕事ぶりを見て「自分も看護師になろう」と職業を選択するのでしょう。

では医者はどうでしょう?バカな子供はお互い様ですが地位に関係なく看護師は適性が重要なのです。この記事をお読みになれば、きっとアナタは看護師と医者への目線が変わり、どのように接せれば自分に都合が良いか?が理解できるはずです。

さぁ、現実の世界にレッツゴー!

続きを読む