2017年 8月 の投稿一覧

医療事故事例の再発防止と不当な訴訟から守るべき看護師と医師

医療事故から守るべき看護師と医師

看護師のAさん(50歳代、仮名)は4年前、担当していた高齢の女性患者が亡くなった医療ミスの責任を問われ、勤めていた病院を退職した。

この女性患者は意識がほとんどなく、栄養補給は鼻から胃に通したチューブが頼り。事故当日、チューブが外れていたため、20歳代の後輩看護師が再挿入したところ、誤って気管支に入れてしまった。

続きを読む

ものの見方を柔軟に変えリラックスして認知のゆがみを改善

気分が落ち込む。

気分が落ち込むと、ものごとの見方に柔軟性がなくなって、視野が狭くなります。

人はふだんから、現実をありのままに見ているわけではなく、主観的なものの見方をしています。

それぞれの人なりのフィルターを通してものごとを見ています。このような、人それぞれの見方のことを「認知」といいます。

続きを読む