助産師の仕事内容~妊婦と赤ちゃん、家族をサポートする

助産師にサポートされて出産を終えた妊婦

「助産師」とは何をする人か知っていますか’ 10年前までは、「助産婦」と呼ばれ、戦前は「産婆さん」と呼ばれていました。助産師の最も大切な仕事は、赤ちゃんをとりあげることです。実は、助産師は「赤ちゃんをとりあげる」わけではありません。

赤ちゃんは、お母さんと力を合わせて自分で出てくるのです。ですから正確には、助産師は赤ちゃんが上手に出てくるのを助ける、お母さんが赤ちゃんを産むために自分のもっている力を出すのを助ける仕事ということができます。

助産師の基本的な業務(仕事)、就業場所や助産師になるための教育課程などをお伝えしていきます。

助産師は妊娠中から出産後まで関わる

お母さんが自分の力を出しきり、そして赤ちゃんが上手に出てくるためには、妊婦の健康のチェックやおなかの中の赤ちゃんの成長を確認しなくてはいけません。そして、妊婦が出産まで万全の体調を維持するためにどうしたらよいかを一緒に考えます。

たとえば、妊娠中は鉄分が不足し貧血になりやすいので、それを改善するためにはどのような食事をしたらよいか、妊婦が出産に向けて体力をつけるためにどのような運動が適しているかなどです。何よりも精神的な安定が大切なので、妊婦の話をよく聴きます。

出産後は、お母さんそして家族が、うまく赤ちゃんを育てていけるようにサポートします。新米のお母さんは、赤ちゃんのオムツを替えたり、母乳をあげたりすることも上手にはできません。助産師は、お母さんと赤ちゃんに寄り添い、そのやり方を丁寧に話していきます。

赤ちゃんがちゃんと成長しているか、外の世界に適応しているかを観察するのも助産師の大切な仕事です。

基本的助産業務に必須な能力

能力1 社会科学、公衆衛生および保健専門職の一般的知識、技術および態度
助産師は、女性と新生児および出産可能な家族に、高質で、文化的に容認でき適切なケアを提供するための社会科学、公衆衛生および倫理の一定の知識を有する。
能力2 妊娠前のケアと家族計画の方法
助産師は、コミュニティで暮らすすべての家族の生活、計画的な妊娠や肯定的な育児を促進するために、質の高い、文化的感受性に富む健康教育や、サービスを提供する。
能力3 妊娠中のケアとカウンセリング
助産師は、より健康な妊娠経過の促進、異常の早期発見・治療・合併症の専門医への委託などを含む、質の高い妊娠期ケアを提供する。
能力4 分娩および出生時のケア
助産師は分娩時に清潔で安全な分娩介助を行ない、緊急事態に対応し、女性と新生児の健康状態を最善にできるよう、質の高い、文化的感受性に満ちたケアを提供する。
能力5 産褥期のケア
助産師は女性に対し、包括的で、質の高い、文化的配慮のある産褥期のケアを提供する。
能力6 新生児のケアー2か月まで
助産師は、出生から生後2か月までの乳幼児に必須な健康のために、質の高い包括的なケアを提供する。

年次別助産師の就業場所

年次別助産師の就業場所

注1)「病院」については、「病院報告」により計上した。
注2)「診療所」については、「医療施設調査」および推計により計上した。
注3)「病院」、「診療所」以外については、「厚生省報告例」、「衛生行政報告例」および推計により計上した。
(厚生労働省医政局看護課:第4回「医療安全の確保に向けた保健師助産師看護師法等のあり方に関する検討会」資料より)
出典:助産師基礎教育テキスト 2012年版第1巻助産概論(上下共)

助産師は病院・診療所で働いく頻度が多い

助産師は、全国に約3万人います。その多くが病院(助産師の約65%)と診療所(22%)で働いています。助産師は、開業権をもっていますので、地域で助産所を開業している助産師もいます(約6%)。

また、主に母乳相談や新生児訪間を行なっている助産師もいます。さまざまなところで、助産師は母子とその家族を支えています。

助産師の教育課程

大学院、大学専攻科・別科、専門学校の特徴

助産師になるためには、まず「看護師免許」を取得する必要があります。そのうえで、1年以上、必要な科目を修めなければならないと定められています。助産師になるための教育課程には、2年間で学ぶ「大学院」、1年間で学ぶ「大学や短大の専攻科、別科」、「専門学校」などがあります。

また、看護大学の4年間のなかで「助産のコース」を選択して、助産師の資格を取得することもできます。それぞれの教育課程には、特徴があります。大学院の2年間では、助産師の国家試験受験資格に加え、理論や研究方法を学び、修士の学位を取ることができます。

大学や短大の専攻科、別科、専門学校は、助産師になるための学習を集中的にするので1年間で修了できます。大学や短大の専攻科、別科、専門学校は、同じ1年の教育課程であっても各学校独自のカリキュラムがありますので、科目や実習期間などが異なっている場合もあります。

基本的な知識を身につけたら実習へ

まず女性の健康と支援方法、そして妊娠、出産に関わる女性の身体の構造や機能、新生児の特徴などについて学びます。これらの知識が身についたら、病院や助産所へと実習に出ます。

妊婦に対しては、外来で妊婦健診や保健指導を行ないます。分娩(出産)介助実習では、分娩期にある産婦や家族を受けもち、担当助産師とともにケアを提供します。もちろん、担当助産師と一緒に分娩介助も行ないます。緊張する場面ですが、感動的な瞬間です。また、小中学校での「いのちの教育」、また不妊や更年期にある人々へのケアなど、女性のライフサイクル全般に関わる実習も含まれます。

助産師になるためには、専門的な知識と高い技能が必要です。座学と実習を修め、毎年2月に行なわれる国家試験をパスすると、晴れて助産師になれます。決して簡単とはいえない道のりですが、母と子のいのちをあずかる仕事です。責任が重い分、やりがいも大きいのです。

教育課程別の養成所数(平成24年4月、総数186校)
教育課程別の養成所数出典:日本看護協会出版会F平成24年看護関係統計資料集

助産師への道

助産師になるための過程

妊婦健康診査

妊婦健康診査(妊婦健診)は、妊婦と胎児の健康状態を確認し、そして妊婦がより健康的な生活ができるようアドバイスします。これまで、病院では、助産師は主に病棟や分娩室で仕事をしていました。

しかし最近は、「助産師外来」といって、助産師が外来で妊婦健診を行なうようになってきています。妊婦健診での助産師の仕事を説明しましょう。

妊婦検診の流れ

妊婦健診では、妊婦の健康状態を査定します。妊婦が来院すると、まず血圧や体重の測定、尿検査があります。妊娠中は、妊娠性高血圧症候群という、血圧が高くなる病気があります。この病気は、妊婦や胎児にさまざまな影響を及ぼすので注意が必要です。

次に、胎児の成長を診ます。最近は、超音波検査で胎児の大きさや健康状態、大きな異常を確認できますが、助産師はまず、妊婦の腹部を手で触って(触診といいます)胎児の位置および向き、大きさを査定します。ベテランの助産師は、「指に目がついている」といわれるほど、触診で正確に胎児の状態を把握することができました。

器械がない時代でしたから、卓越した技術が身についたのです。次に、胎児の心音を聴きます。 ドップラーという胎児の心音を聴診する器械を用いて、1分間の数や不整がないかなどを確認します。胎児の心拍数は、正常で120~ 160回/分と大人よりも速いです。

そして、子宮の大きさをメジャーで計測します。妊婦健診の結果は、妊婦が自分の健康管理ができるよう母子手帳に記入されます。妊婦健診では、健康相談も重要です。妊娠すると女性の身体には、さまざまな変化が生じます。それは、物理的におなかが大きくなるということだけではありません。胎児を育てるために複数のホルモンの値が高くなります。

妊婦健康診査の流れ

妊婦健康診査の流れ

それが影響し、妊娠初期にはつわりが出ますし、時に便秘をしたり、末期には腰痛や足のむくなが起こったりします。これらの症状に対し、助産師は、日常生活での対応方法をアドバイスします。

また、「子どもが生まれること」は喜びばかりではなく、不安や心配もつきまとい、複雑な心理状態になることがあります。助産師は、妊婦の話をよく聴いて、それぞれの妊婦に合った解決方法を一緒に考えていきます。

助産師が出産の援助を行う

陣痛がはじまったら

陣痛がはじまり、破水した妊婦は、出産施設(病院・診療所・助産所)に向かいます。助産師は、やってきた妊婦や家族を温かく迎えます。そして、分娩進行状態、妊婦の健康状態、胎児の状態を観察します。

分娩進行状態は、まず陣痛の間隔や強さを測ります。「内診」といって、子官の入り回がどのくらい開いてきているか、柔らかくなってきているかなどを診察します。妊娠中は、妊婦が歩いたり走ったりしても赤ちゃんが落ちないように、子官の入り回は硬く閉じているのです。

陣痛の状態や内診所見から、いま、分娩がどのくらい進行しているか、あとどのくらいで出産になるかを予測します。赤ちゃんの様子は、「ドップラー」という器械を用いて、心拍数を測るなどして判断します。多くの病院では、「分娩監視装置」という器械を妊婦に装着し、胎児心拍と陣痛の様子を紙に記録します。

助産師は、妊婦と胎児に異常が起こっていないかを注意深く観察します。同時に、妊婦が自分の力を発揮し、陣痛による痛みに対応してスムーズに出産できるように、きめ細やかなケアを提供します。産痛(出産の際の痛み)に対しては、腰やおなかのマッサージ、痛いところを温める(温電法)、お風呂に入る、歩く、妊婦の姿勢を変えたりとそれぞれの妊婦に合わせて援助します。

時に、分娩の進行がゆっくりの場合は、一緒に歩いたり、階段の上り下りをしたり、食事を介助したりします。また、妊婦と家族が安心して過ごせるようサポートします。妊婦が不安になったり、陣痛に恐怖を感じると、分娩が進行しないばかりか、胎児の状態にも影響します。助産師は、妊婦に寄り添い、不安を取り除き、出産に前向きに取り組めるよう励まします。

出産とはどんなものなのか

助産師の仕事を知るうえで、「出産がどのようなものか?」を把握していることが重要です。ここでは、出産のプロセスについて簡単に説明しようと思います。

  1. 分娩予定日
    最終月経の初日(正確にいうとまだ妊娠していませんが)から40週と0日(280日)を分娩予定日としています。
    月経周期が短い人や長い人もいますので、妊娠のごく初期に赤ちゃんの大きさから分娩予定日を修正することがあります。出産は、妊娠37週から41週6日までを「正期産」と呼んでいます。
    37週未満を「早産」、42週以降は「過期産」とされています。
  2. 陣痛
    出産は「陣痛」からはじまることが多いですが、時に「破水」(子宮の中で赤ちゃんを包む膜が破れて羊水が出る)からはじまる場合もあります。
    陣痛とは、規則的な子宮の収縮で、最初のうちは痛みをともないません。徐々に、陣痛は強くなり、陣痛と陣痛の間隔が短くなります。陣痛によつて、子宮の入り□が開き、赤ちゃんが骨盤内を下降してきます。痛みはともないますが、陣痛がなくては赤ちゃんは生まれてきません。
  3. 全開大
    子宮の入り□が10センチ開くと、「全開大」と呼ばれ、いよいよ出産も終盤にさしかかります。初産婦の場合、陣痛が10分おきになつてから子宮の入り□が全開大するまで平均で12時間、経産婦の場合は6時間くらいです。
  4. 出産
    子宮の入り□が全開大してからは、約1~ 2時間、母親は陣痛に合わせていきみます。そして、やっと赤ちゃんの誕生です。出産は、赤ちゃんが生まれたら終わり、というわけではなく、その後、お腹の中にいた赤ちゃんに酸素や栄養素を送つていた胎盤が出ます。
    胎盤が出たら、出産はひとまず終了。しかし、産後24時間は、出血などの危険が高いので、助産師は、子宮の収縮や出血を継続的に観察しています。

補足:最近は、夫や上の子どもなどの家族が出産に立ち会うことがあります。家族が不安に思ったり、焦ったりしないよう、助産師は家族の心のサポートも大切にします。

赤ちゃんが生まれる準備

分娩が進行し、子官の入り口が開ききると、赤ちゃんが生まれる準備をします。清潔なシートをしいたり、分娩時に必要な医療機器も準備しておきます。出産のクライマックスでは、母親と赤ちゃんのペースに合わせて、出産を助けます。

赤ちゃんが生まれる瞬間は、温かく安堵の空気に包まれて、とても感動的です。しかし、助産師は柔らかな雰囲気をつくりながらも、母子の状態をしっかり観ています。なぜなら、この時期、母親と赤ちゃんには、異常が起こりやすいからです。赤ちゃんが生まれ、そして無事、胎盤が出ると助産師も一安心です。

産科病棟の助産師の仕事

病院内で妊娠・出産に関わる部門は、妊婦健診を行なっている「産婦人科外来」、陣痛がきて入院する「分娩室」、産後の母親が入院する「産
科病棟」、生まれたばかりの赤ちゃんがいる「新生児室」、「新生児集中治療室(NICU:Neonatal lntensive Care Unit)」などがあります。

ここでは、主に産後の母親や病気をもった妊婦が入院している産科病棟での助産師の仕事を紹介します。

産科病棟の助産師の1日の流れ(日勤の例)

1.8:00 朝の申し送り

朝の申し送り
夜勤勤務者からこれまでの状態について申し送りを受け、受けもちの母親の点滴など処置の準備をします。

2.10:00

午前10時~

受けもちの母親の部屋を回り、母子の健康状態を観察します。最近は電子カルテが使われているため、記録はパソコンに入力します。

3.12:00
休憩

4.13:00
母親の退院指導や授乳の援助を行ないます。退院指導では、退院後の健康管理、育児方法、注意点などそれぞれの母親に合った方法を話します。
5.15:00
カンファレンスに参加します。助産師学生を交えて事例検討を行ないます。

6.16:00 夜の申し送り

夜の申し送り
夜勤者への申し送りをします。現在の状態、今後のケアの方向性をえ共有します。

産科病棟での助産師のサポート

ある病院の産科病棟では、日勤(8時~ 17時)と夜勤(16時~ 9時)の2交代制をとっています。病院によっては、3交代制のところもあります。

日勤の助産師は、朝7時30分ぐらいに病棟にきて受けもち母子の状態を把握します。8時になると夜勤勤務者からの申し送りがはじまります。助産師は、平均して5~ 6名の産後の母子を受けもちます。この病院では、生後1~ 2日目から「母子同室」といって赤ちゃんも母親の部屋で一緒にいます。

助産師は、母親と新生児の両方の状態を観察し、それぞれに合ったケアを提供します。助産師は、まず母親の身体状況を観ます。子宮の収縮(子官が妊娠前の状態に戻ること)が順調か、出血が増えていないか、出産の時にできた傷の状態、血圧や脈拍を測定し、全身状態を査定します。

そして産後、特に大切なのが、乳房の状態や授乳の様子の観察です。母乳は、生まれた直後からあふれんばかりに出てくるわけではありません。母乳の出がよくなるためには、はじめは出なくても、授乳を続けることが大切なのです。はじめての母親は、授乳を含め育児に慣れていません。助産師は、抱っこの方法、おむつの替え方など1つひとつやり方を説明し、母親が自分でできるようになるのを見守ります。

母親は、産後6日程度入院しています。その間に、身体と心を癒し、育児に前向きな気持ちをもってもらうことが大切です。退院してからの不安を少しでも軽減するためにも、助産師の支援は欠かせません。

助産師が行う新生児室・NICUでのケア

病院内の分娩に関わる部門は、陣痛室および分娩室、病棟(主に妊婦、産後の母親が入院しています)、そして、新生児室、未熟児や病気をもった赤ちゃんが入院する新生児集中治療室(NICU)があります。

赤ちゃんたちが入院する部門で、助産師がどのように仕事をしているのかを紹介します。まずは、「新生児室」。生まれたばかりの赤ちゃんは、新生児室で様子をみます。生まれたばかりの赤ちゃんは、体温の調節がむずかしいため、「保温」が最も大切なケアのポイントです。

そして、「呼吸状態の観察」が欠かせません。赤ちゃんは、母親の子宮では羊水の中に浮いており、胎盤から酸素と栄養素の供給を受けていました。つまり、肺で呼吸をしていなかったということです。

胎児に供給される酸素量は、エベレストの頂上にいるときと同じくらいといわれています。ところが、生まれると同時に肺に空気が入り、肺呼吸がはじまります。水中から陸上へ、進化のプロセスをたどる劇的な変化ですよね。

肺呼吸をはじめたばかりの赤ちゃんの呼吸は時々不安定になることがあるため、十分な観察が必要なのです。助産師は、母親の妊娠経過、出産の様子から、赤ちゃんが起こしやすいリスクも併せて考えています。

新生児集中治療室(N:CU)

新生児ケアの観点5つ

  1. 人間としての尊厳や成長の可能性を尊重する
  2. 異常を起こさないよう予防的なケアを行なう
  3. それぞれの子どもの個性を発見する
  4. 人としての基盤となる信頼感や愛情の獲得を支える
  5. 子どもとその家族の両者をケアする

NICUにて、クベース(保育器)の中での赤ちゃんの様子

早産で生まれた赤ちゃんは、体温調節、肺や胃腸の働きなどが未成熟です。赤ちゃんが、子宮外の生活に適応できるまで、保育器の中で育てます。保育器の中は、子宮内の状態に近づけるように環境を整えます。
「NICU」には、小さく生まれた赤ちゃん、病気をもっている赤ちゃんが入院しています。最近では、500グラムくらいで生まれた小さな赤ちゃんのいのちも助けることができるようになりました。

まとめ

本来、母親の子宮内にいるはずの赤ちゃんが生まれるわけですから、NICUの環境は、胎内環境にできるだけ近づける努力がされています。たとえば、照明は薄暗くしてあります。狭い子官の中で赤ちゃんは丸まっていますので、NICUの保育器の中でも、赤ちゃんの周りを丸めたタオルなどで囲って子官の壁に見立てています。

いかがだったでしょうか?助産師が行う仕事は、愛情をもってケアすることです。先に退院して離ればなれになっている母親や家族が赤ちゃんに愛着がもてるように配慮するのも欠かせないケアの1つです。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

SNSでもご購読できます。