正看護師准看護師仕事内容の知識が得られるサポート記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
看護師と準看護師が患者のケアについて話し合う

正看護師は、保健師助産師看護師法という法律によって、「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくは褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者」(第5条)と定められた国家資格です。

現役看護師でも知識として持っていない情報を公開していきます。看護師になりたい!准看護師から看護師資格を取りたいなど希望や知識が得られるサポート記事にしています。

現在、正看護師の7割以上が「病院」で活躍しており、ほかにも、クリニックや医院などの診療所、介護福祉施設、保健所などの行政サービス、訪問看護ステーションという場でも活躍しています。

しかし、看護職の離職率が高い原因からくる看護師不足(准看護師も含む)などさまざまま問題をかかえています。

正看護師の仕事、看護師になるためにどのようなハードルがあるのか、患者側ではなく看護師側からみた本当の現状をお伝えしていきます。

正看護師の本来の目的は患者の援助、健康な暮らしを支える

「療養上の世話」とは、病気や障害をもつ人の生活を支えることです。具体的には、病気や障害により1人で食事、着替え、入浴、移動、排泄、休息などができない状況にある人への身の回りの世話をし、安心して療養生活を送れるように支援することです。

「診療の補助」とは、医師が行なう患者への検査や処置、治療の介助や、病状の報告などの病気の診断や治療に必要な補助やサポートです。具体的には、患者の血圧、脈、呼吸などの身体の状態を直接確認し、痛みなどの訴えを聴きながら病状を医師に報告したり、検査・治療の準備や介助、注射をするなど、患者のケガや治療への補助を行ないます。

これらの仕事は、正看護師だけが行なえる独占業務なのです。

正看護師とは健康な暮らしを支える存在

正看護師は、病気の予防や健康の保持増進を目的にした教育活動も行ないます。看護師の仕事は、新たないのちの誕生から最期まで、生涯を通じたすべての人々を対象にします。看護師は、人々の身体や心の変化をみながら、健康な暮らしを支えています。この働きは、入院患者だけでなく、外来でも在宅でも、本質的には同じです。

看護職員の就業場所

(右端をクリックすると別プラウザで拡大します)

出典:日本看護協会看護統計資料 

看護師は全国に約106万人いる

人数は増えているが、それでも看護師不足は続いている

全国に約150万人の看護師が働いているのをご存じでしょうか。
※看護職員全体1,537,813人(平成24年日本の人口が約1億2,800万人ですので、およそ100人に1人が正看護師にあたります。

看護師は増えていますが、それでも看護師不足の問題は現在も続いています。その要因の1つに、看護職の離職率が高いことが挙げられています。日本看護協会で行なった病院の看護職員需給状況調査では、全国の病院の常勤看護職員の離職率は11.9%、新入看護職員は8.9%と、看護職の免許をもちながら働いていない人が55万人いるといわれています。

この看護師不足と就業施設の状況については、看護職員数約150万人と看護職の就業施設の状況に詳しく記していますのでご参考にしてください。

常勤看護職員と他産業

新卒者比較
看護職新卒者人数の比較

また、看護師の配置人数により病院の入院基本料収入が異なることも要因に挙げられています。そのため、大きな病院に看護師が集中し、中小病院では看護師不足が生じています。

さらに、高齢社会に突入したわが国では看護師の需要は高く、看護師不足は今後も続くと考えられます。

看護師と準看護師との比較表出典:看護roo![カンゴルー] 

正看護師資格を取得するための過程

「正看護師」の資格を取得するためには、いろいろな方法があります。一般的には、高等学校を卒業後、法律で定められた大学、短期大学、看護専門学校の養成施設で3年以上の看護基礎教育を学び、国家試験受験資格を取得後、国家試験に合格すると看護師になれます。

そのほか、中学校を卒業後、高等学校の看護に関する学科とその専攻科を合わせた看護師養成課程(5年一貫)で学ぶコースもあります。また、都道府県知事免許の「准看護師」の資格を取得してから看護師の資格を得る方法もあります。

現在、医療技術は高度化し、一方で在宅医療が進展し、看護師には幅広い役割が期待されています。そのため、看護基礎教育は専門学校から大学化へと急速に進展しています。2002年には98校だった看護系の学部、または学科をもつ大学の数は、2013年には218校と2倍に増加し、いまも増え続けています。

看護師養成の教育と求められる資質

看護師を養成する教育機関は、厚生労働省と文部科学省の両省から指定された教育カリキュラムを満たすことが求められています。看護師になるには、現在、3年間で97単位必要で、講義1単位を15時間、演習を30時間、実習を45時間で、計算すると合計3,000時間の教育を受けることになります。

また看護師は、よりよい看護を提供するために、医師や薬剤師などの医療職や、介護福祉士、ホームヘルパーなどの介護職など、さまざまな職種と連携しています。そのため、看護師には協調性やコミュニケーション能力、観察力と判断力が重要です。

看護師・保健師・助産師になるまでの過程
保健師・助産師国家試験受験資格

出典:看護師等学校養成所入学状況及び卒業生就業状況調査|厚生労働省 

正看護師3年間課程 教育内容の変遷

看護師3年間課程 教育内容の変遷を表に表して理解できるように出典:日本看護協会 政策提言資料「今こそ看護基礎教育改革を」

看護を学ぶ大学、短期大学、専門学校の特徴

看護大学の特徴

看護大学の修業年数は「4年間」です。看護師の国家試験受験資格を得るだけでなく、大学によっては保健師や助産師の国家試験受験資格や、養護教諭の教職免許なども得られます。

大学の役割は、知の探求、知の創造です。看談の専門的知識や技術の伝達だけでなく、科学的に問題を解決する能力や、倫理を含めた総合的な判断力を身につけ、社会で活躍するための幅広い知識や技術を学ぶことができます。また、卒業後は、学士号が取得でき、大学院へ進学し、より専門的な力をつけたり、研午教育者になるなど将来の選択肢も広がります。

看護を学べる大学は年々増加しています。

看護短期大学の特徴

看護系の短期大学の修業年数は「3年間」です。しかし、看護の質の向上を求める動きから短期大学の数は年々減少し、募集の停止や4年制大学へ移行する傾向にあります。取得できる資格は、看護師国家試験受験資格になります。2013年現在、全国にある看護短期大学の数は27校です。

看護専門学校の特徴

看護専門学校の修業年数も「3年間」です。専門学校は、現場に出てすぐ働ける看護師の育成が期待され、看護の実践技術の習得に力を入れています。設立母体により実習施設や就職先の選択が影響されることもありますので、自分が選択する学校がどのような設立母体なのかを事前に確認しておくとよいでしょう。

出典:日本看護協会 政策提言資料「今こそ看護基礎教育改革を」

専門学校卒業後、大学への3年次編入や大学院への進学も可能ですが、将来の選択肢は大学に比べると狭まります。2013年現在、看護専門学校は528校あり、看護師養成施設のなかで最も多いです。

準看護師の業務

准看護師は、看護師の国家資格とは異なり、都道府県知事による免許を取得することでなれます。准看護師の業務内容は、法律で、「医師、歯科医師または看護師の指示を受けて傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話、または診療の補助」と定められています(保健師助産師看護師法第6条)。

准看護師の仕事は、看護師と同じ仕事に思われますが、大きなちがいは、准看護師は医師や看護師から指示をもらわないと仕事ができないという点です。しかし、准看護師が関わる対象や仕事内容は、上記のとおり「傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話、または診療の補助」ですから、看護師とのちがいが明確でないため、患者。家族からは看護師と准看護師の区別がほとんどつかないのが現状です。

准看護師は指示がなければ仕事ができないことから、看護師のように自ら判断して主体的に看護を提供することができません。

准看護師になるまでの過程

准看護師の業務は、判断する内容が大きく異なることから、教育内容も異なります。

准看護師になるためのステップは、図に示すように、中学校を卒業後、准看護師養成所(2年間)、もしくは、高等学校衛生看護科(3年間)を卒業すると、各都道府県が行なう准看護師試験を受ける資格が得られます。その試験に合格すると、都道府県知事から准看護師の免許が交付され、准看護師として働くことができます。この免許は全国で通用します。

準看護師の内訳出典:准看護師制度について | 日本看護協会

准看護師になってから「看護師」になることを希望する場合には、さらに看護師学校養成所(2年間、定時制3年)で学ぶ必要があります。

入学資格は、「高等学校を卒業している准看護師」、高校未卒者の場合は「3年以上の実務経験を有する准看護師」、通信制希望の場合は「10年以上の実務経験を有する准看護師」と複雑になっています。准看護師と看護師の仕事のやり方や将来性のちがいをよく理解したうえで、進路を慎重に選択してほしいと思います。

准看護師は教育期間が短く、医師・歯科医師・看護師の指示を受けて働くので、給与は低くおさえられています。神奈川県では、准看護師の養成を廃止することを決定しています。
準看護師養成の激減表1960年~2-15年
準看護師の基本的教育の考え方

全国に2012年時点で約38万人の准看護師が働いています。前年度からは、約1,600人減っています。准看護師と看護師の割合は2000年では約2:3でしたが、2012年では約2:5になっています。

准看護師が最も多く働いている場所は、病院ですが、希望する職場への就職が困難なのが現状です。右の表のように、准看護師の半数近くが病院で働いており、次いで診療所(入院施設をもっていないか、もっていても20病床以下)で働いています。看護師と比べると、診療所で勤務している割合が多いのが特徴です。

準看護師が希望する職場への就職が困難な状況を図にして表現しています

そもそも准看護師は、戦後の看護師不足の深刻な時代に、看護師の補助業務を行なう人材として誕生しました。その時代、早急な人材養成を目的にしていたことから、准看護師の教育課程は看護師より短い2年間とし、中学校卒業を要件とされました。

しかし、現在は医療技術の高度化や複雑化にともない質の高い看護を提供する人材育成が求められていること、また、看護師との区別があいまいになっていることから、准看護師を採用しない病院もあります。厚生労働省では、准看護師制度を廃上し、21世紀初頭をめどに看護師養成制度を一本化するという報告書を1996年にまとめています。

しかし、日本医師会は准看護師制度を擁護する立場をとっており、看護師養成制度の一本化については、現在も検討中です。

準看護師と看護師の給与格差を年齢別でかくさを表しています出典:准看護師制度について | 日本看護協会(上記3つ)

看護師が医療の現場を支えている主な職場
看護師の主な職場は、医療機関です。全国にある867の病院や約10万か所の診療所で、約144万人の看護師・准看護師(看護師約106万人、准看護師約38万人)が働いています(日本看護協会出版会『平成25年看護関係統計資料集』)。

みなさんも病院にかかったときや予防接種の際に、看護師を見かけたことがあると思います。診察を受けたり、検査や注射を受けるときも必ず看護師がいたことでしょう。では、看護師の働く病院や診療所とは、どんなところでしょうか。

看護師は患者の生活をサポートする

病院や診療所には、交通事故で救命救急センターに運ばれ生命の危機的状況にある人、手術を受けて痛みと闘う人、生まれたばかりの赤ちゃん、自血病と闘う子どもたち、人生の最期の時を迎えようとしている人など、さまざまな患者がいます。

これらの医療機関では、看護学。医学。薬学・栄養学などの知識をもつ看護師が、患者の生活を守るために働いています。医師の診察や治療の介助、採血などの検査、生活を支えるケアや生活指導などを行ないます。看護師は病気と闘う患者の生活を守っています。食事、排泄、運動、休息などのさまざまな場面で、医師や他の職種の人と連携しながら、患者がよりよい生活を送れるようにケアを行ないます。

看護師は入院している患者を365日24時間体制のチームで守り、患者の一番近くにいる強い味方です。看護師は、時には見守り、時には厳しく、常に温かいまなざしで病気と闘う患者を支える存在です。すべての患者がより健康な状態になるように、また、患者本人がどのように病気の身体と向き合っていきたいのかを支えていく、医療の現場に欠かせないサポート役です。

看護師はあらゆる病気と闘う患者を支える

在宅で療養し、病院や診療所(ベッド数19床以下)に定期的に受診したり、治療や検査に通う外来患者数は、 1日140万人(1日平均外来患者数の統計:厚生労働省2012統計資料)にのぼります。看護師は、通院する患者の受診の介助や生活指導、治療や検査の介助をします。患者が次の来院時までに安心して過ごせるように関わっていきます。

また、看護師は24時間交替制のチームで、患者の生活を守ります。痛みがある人や寝たきりの人、病気の症状に合わせて、看護を行ないます。

緊急救命センターでは、事故や病気により生命が脅かされている状況にある患者の治療を行なう所です。救急車が要請され、重症度が高いと判断された場合、消防庁とネットワークでつながれた救命救急センターのホットライン(重病者を受け入れ可能か、直接救命救急センターと消防庁をつなぐライン)が鳴り、数分で、患者は病院に救急搬送されます。

看護師は、受け入れの準備を整え、生命の危機的状況にある患者に声をかけながら医師とチームを組んで治療をします。治療がはじまると、全身を観察しながら、医師が次に行なう処置を予測しつつ、介助をします。また、状況を見ながら、不安なまま待合室で待つ家族に対しても声をかけていきます。

透析センターでは、腎臓が機能しなくなり、透析療法(24時間老廃物を尿に排泄する腎臓の代わりに、器械によって身体に溜まった老廃物や水分を除去する治療)を受ける患者が透析を受けるために週に3回程度通ってきます。

透析患者は、透析療法を受けなければいのちを維持できません。看護師は、医師とともに透析治療を行ない、日常生活指導をします。

手術室においては、病気の治療のために、外科的手術が行なわれます。看護師は、手術が安全・スムーズに行なわれるように、患者の全身状態の観察や医師の介助、薬や物品の準備、患者へ声をかけ、ケアを行ないます。

ほか、小児病棟、緩和ケア病棟と、乳幼児から15歳ぐらいまでの病気にかかった子どもに対して治療や看護のみならず、発達段階に合わせた療育も同時に行ない、緩和ケア病棟のがんの症状が進行し、積極的治療ではなく、緩和ケアに重点をおいた治療を受ける患者が入院する病棟です。

まとめ

看護師は、症状緩和のみならず、患者家族の精神的サポートを行ないます。大切な家族とともに最期までその人らしく生きるための配慮がなされています。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。