医療ミスや事故をつながる看護師のパワハラ問題解決策

看護師のパワハラ問題

現在の日本の社会においてパワハラの問題は毎年増え続けています。これは一般企業はもちろん、医療機関でも問題になっています。パワハラといえば、上司から部下に暴力や暴言、嫌がらせをするイメージですが、同僚からパワハラをうけるケースも少なくはありません。

医療機関や会社・組織でのパワハラやいじめについてのアンケート調査を集計した結果、90%の社会人が体験した事があるという回答が得られています。パワハラやいじめを受けた事のない方でも、そういった行為をから引き起こす医療事故等を減らす方法と人間関係についての解決策をご紹介いたします。

女性中心の職場だから悩まされる看護師の人間関係

看護師と言えば女性の華やかな職場を想像します。それはすべての看護師の90~95%が女性で占めているからです。

看護師転職サイトの一つが独自に退職理由を調査したところ、女性ならではの結婚、妊娠、出産があげられます。それ以外では、給与に不満がある、やりがいを感じ られない、残業や夜勤が多いなどの労働条件への不満がある・・・などの理由に並び、人間関係で悩んで退職したという看護師が意外と多かったのが現状です。

人間関係といっても、上司や部下の関係、同僚との関係、患者さんとの関係などさまざまです。特に医療関係は女性の集まる職場だからこそ女性同士の陰 湿な嫌がらせやいじめなどの問題も多く発生してしまうのです。

あるはずもないうわさ話をして職場に居られないようにされたり、グループ派閥をして仲間外れ にしたり。学校などで起こっていたようなことが社会人になっても続いているようです。

こういった人間関係の問題は医療機関ばかりではなく、どこに就職しても考えられる問題です。ただ、医療機関での人間関係の悪化は重大な医療ミスや 事故にもつながりかねません。

人の命を預かり、チームワークが欠かせない職場だからこそ、ナースステーション内での人間関係は重要な位置づけをするので す。

精神的な攻撃が多い看護師のパワハラ

看護師の働く環境は女性が多く、パワハラ問題は少ないと思われがちです。看護師の職場でおこるパワハラは身体的な暴力というより、精神的なダメージをうけるパワハラが多い傾向にあります。

看護師の仕事は命にかかわる仕事です。そのため、上司や周りのスタッフからの業務指導が厳しくなるのは当然だと思います。しかし、能力以上の仕事の強制や残業の押しつけは通常の業務指導ではなくパワハラです。

パワハラを受けた看護師は60%も!

人間関係で悩んで退職した看護師の中で多く占めていたのは、上下間で起こるパワハラです。パワハラとはパワーハラスメントの略で「同じ職場で働く者 に対し、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と 厚生労働省が定義しています。医療機関だけでなく社会問題にもなっています。

アンケートによるとパワハラを体験したことのある看護師はなんと60%以上。半数以上もいたという驚きの数字ですね。看護師の場合は上司である師長 や主任、または医師や先輩看護師、同僚看護師から受けるパワハラです。自分の失敗はもちろん自分の責任で叱られるのは当然です。

しかし、単に「嫌がらせ」 ということだけで、わけのわからない説教を受けるパワハラはかなりの苦痛ですよね。もし、職場でパワハラを受けてしまったらなるべく早急に信頼できる仲間、先輩、上司に相談してみましょう。例えば人事異動などで環境を変えられる可能性もあるからです。

労働悩み相談の相談件数NO1は「いじめや嫌がらせ」

厚生労働省の平成24年度の労働悩み相談の中で、いじめや嫌がらせは1番相談件数が多いのです。事例としてパワハラに悩み続け誰にも相談できずに自殺に至ったケースもあるほどパワハラは日常的に行われていると考えられます。

パワハラを受けた看護師

パワハラは注意されたり業務指示や指導で不満を感じたとしても、適したものであれば、それはパワハラではありません。

では、どういったものが、パワハラになるのかパワハラの種類を表にしてみました。

厚生労働省がパワハラを認める種類

種類 パワハラと思われる言動や行動
人間関係からの隔離 挨拶や会話を無視される
過度の要求 能力以上の仕事を押しつける
身体の攻撃 暴力や身体的ダメージを受ける傷をあたえる

 

プライバシーの侵害

  • プライバシーの侵害 ・プライベートに関して行き過ぎた干渉をされる
  • 必要以上の交際申込みや付きまとい

精神的な威圧

  • 人格否定
  • 暴言や脅迫をされ精神的ダメージをうける

過小要求

  • 掃除や整理など能力以下の仕事を必要以上に強要

職場でのパワハラ・嫌がらせ・いじめは、仕事のできる人への嫉妬がきっかけで、上司が部下に脅威を感じた時に一番おこりやすいようです。仕事のできない人の方が上司に可愛がられ、頑張って勉強をして仕事ができるようになった方がいじめられるという理不尽な環境があります。

メンタルサポート「こころの耳」を利用して早期解決を

医療機関はチームで仕事をしている事が多いので、チーム全体からパワハラをうけるよなケースもあるようです。

こういった問題はなかなか人に相談できなかったり、集団でパワハラを受けている場合は職場で相談相手を見つけることはもはや難しいのです。

自分の現状を信頼のできる同僚や上司を見つけ相談できるのが一番良い事かと思いますが、意外に誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は多いのです。そんな時は、厚生労働省が運営するサイトで、働く人へのメンタルサポート「こころの耳」というサイトがあります。

パワハラの相談窓口

この5つはパワハラの悩み相談ができる電話番号(フリーダイヤル有)の記載や、メールで相談ができるようになっているのでこういったのを利用するのもいいと思います。

もうひとつ、現状を変えるとするなら、転職を考えるのも良いと思います。

職場を変える事に抵抗感を感じる人は多いかもしれません。しかし、我慢して パワハラで悩み続けるより、職場の環境を変えて新たなスタートをきれば、 自分のスキルアップに繋がること間違いないでしょう。

退職を決断する前にまず上司に相談

仕事は、内容も重要ですが、それ以上に人間関係で成り立っていることが多いものです。せっかく勉強して憧れていた看護師になれたのですから、人間関係に悩んで精神的に追い詰められ、すぐ辞めてしまうことはとても残念なことです。

人間関係やパワハラで「退職したい」と考えた時には、まず自分自身で問題を解決する努力をしてみましょう。それでも何も変わらないなら、信頼できる上司に相談して改善を試みるのも一つの手です。

改善されなければ看護師転職支援サイトをおすすめします

改善が困難で精神的苦痛に耐えられず、ストレスをため込むような場合は最終決断として、転職という選択肢があってもよいと思います。しかし「転職先でもまた人間関係が悪かったらどうしよう?」「また同じようなパワハラでトラブルになってしまったら?」と不安になってしまいますよね。

そんなときは病院の人間関係や内部事情に詳しいコンサルタントがいる、看護師転職支援サイトのご利用をおすすめします。病院のホームページやハローワークでは入手できない人間関係の貴重な情報を収集しています。

看護師転職支援サイトで、悩みを一緒に解決

転職したいと考えている看護師は非常に多いですが、いざ転職をするという段階になった時、あれこれと悩んでしまうのも事実です。その点をクリアする事が出来れば、抵抗感もなく転職に向けて活動に専念する事も出来ます。

転職をするに当たっての様々な悩みも、転職サイトを利用することで、解決しながら次へ進むことが出来るというのは、やはり大きな意味を持ちます。

転職サイトの役割は、看護師求人の紹介だけではない

転職サイトと言えば転職をするための求人情報を探すサイトと考えている方も多いかもしれません。実際、掲載されている情報のほとんどは求人案件に関するものばかりになります。

しかし、転職サイトを利用すると言うのは、求人情報を探すだけではなく、転職に関する様々な問題を解決するためでもあります。

先に挙げたように転職に際しては様々な問題があります。職場の人間関係や担当している業務の問題。

出来るならば円満に転職をしたいというのが、多くの看護師の本音ですが、人手不足に悩む医療業界ではなかなか難しい問題でもあります。

転職のネックになっている悩みを相談

それらが転職のネックになっていることもありますが、転職サイトでコンサルタントに悩みを打ち明け、相談することができます。

自分が何をすべきなのか、円満に退職をするためには何が必要なのか、といったアドバイスをもらうことで問題を解決し、転職に向けて動き出すことが出来るようになります。

勿論、動き出した後は自分に合った求人を紹介してくれ、更に雇用条件の交渉など自分ではやりにくい事も、代行してくれるサービスですので、転職サイトを利用する利点は大きいものになります。

転職を躊躇する、収入減にも対応

人間関係に疲れ、どうしても他の職場に転職したい。でも…収入が減るのも困ると言った悩みも当然あります。

一時的な収入の低下は、祝い金で充当

転職をすると言うことは、新しい職場で新人として扱われることになります。どの程度のキャリアがあるのかにも寄りますが、ほとんどの場合、最初は新人として扱われ、その後に能力などを認められた際に待遇面も改善されます。

しかし、一時的とはいえ、収入面で低下すると言うのは厳しい問題です。離職をした時から入職までの待機期間が長くて、収入が減ったと言う事もあります。そんな時、転職サイトを利用することでこれらの問題を解決することが出来ます。

転職サイトを利用して転職を成功させた場合、支給される祝い金の存在です。どのタイミングで支給されるかは転職サイトによって違いますが、入職後即時支給のケースと、一定期間勤務継続後に支給のケースに分かれます。

即時支給の場合、若干支給額が減ることになりますが、待機期間がある程度長くても収入面の減少が気にならなくなります。一定期間勤務継続後の子宮は、条件としては1ヶ月や数ヶ月以上の勤務実績、と設定されていることがありますが、その条件をクリアしてしまえば、即時支給よりも多い金額を受け取ることが出来るようになります。

職場での研修期間をカバーする程度の金額をもらうことが出来るというのは、転職をする上でとても重要な要素です。転職に関して様々な希望はありますが、やはり金銭面でのサポートが最も助かるサポートであると言えます。

一人より、転職サイトの力も借りる

自分一人で転職活動をすると言うのも悪くはありません。自分のリズム、自分のルールで行うのはやはり気持ち的に楽なものがあります。

しかし、転職をすると決めたからには、出来るだけ早い段階で次の転職先を決めて、引継ぎなどを行なうことが大切です。それらも含めてスムーズにやり取りをするためには、やはり転職サイトと言う存在は欠かすことが出来ません。

まとめ

人間関係の良い職場であれば、お互いをフォローしあい、仕事がスムーズにはかどり、毎日の仕事にやりがいが生まれ、スキルアップしていけます。

パワハラにあい、今の職場では改善が望めない場合、転職することも一つの解決法。看護師転職サイトも利用して、自分に有った職場をみつける。コンサルタントに転職のネックになっている悩みを相談したり、自分に有った転職先を一緒に探してもらえます。新しい職場で再スタートをして、将来に希望を持つことができたら「転職して良かった」と思えることでしょう。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

SNSでもご購読できます。