医療ミスや事故をつながる看護師のパワハラ問題解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
看護師のパワハラ問題

現在の日本の社会においてパワハラの問題は毎年増え続けています。これは一般企業はもちろん、医療機関でも問題になっています。パワハラといえば、上司から部下に暴力や暴言、嫌がらせをするイメージですが、同僚からパワハラをうけるケースも少なくはありません。

医療機関や会社・組織でのパワハラやいじめについてのアンケート調査を集計した結果、90%の社会人が体験した事があるという回答が得られています。パワハラやいじめを受けた事のない方でも、そういった行為をから引き起こす医療事故等を減らす方法と人間関係についての解決策をご紹介いたします。

女性中心の職場だから悩まされる看護師の人間関係

看護師と言えば女性の華やかな職場を想像します。それはすべての看護師の90~95%が女性で占めているからです。

看護師転職サイトの一つが独自に退職理由を調査したところ、女性ならではの結婚、妊娠、出産があげられます。それ以外では、給与に不満がある、やりがいを感じ られない、残業や夜勤が多いなどの労働条件への不満がある・・・などの理由に並び、人間関係で悩んで退職したという看護師が意外と多かったのが現状です。

人間関係といっても、上司や部下の関係、同僚との関係、患者さんとの関係などさまざまです。特に医療関係は女性の集まる職場だからこそ女性同士の陰 湿な嫌がらせやいじめなどの問題も多く発生してしまうのです。

あるはずもないうわさ話をして職場に居られないようにされたり、グループ派閥をして仲間外れ にしたり。学校などで起こっていたようなことが社会人になっても続いているようです。

こういった人間関係の問題は医療機関ばかりではなく、どこに就職しても考えられる問題です。ただ、医療機関での人間関係の悪化は重大な医療ミスや 事故にもつながりかねません。

人の命を預かり、チームワークが欠かせない職場だからこそ、ナースステーション内での人間関係は重要な位置づけをするので す。

精神的な攻撃が多い看護師のパワハラ

看護師の働く環境は女性が多く、パワハラ問題は少ないと思われがちです。看護師の職場でおこるパワハラは身体的な暴力というより、精神的なダメージをうけるパワハラが多い傾向にあります。

看護師の仕事は命にかかわる仕事です。そのため、上司や周りのスタッフからの業務指導が厳しくなるのは当然だと思います。しかし、能力以上の仕事の強制や残業の押しつけは通常の業務指導ではなくパワハラです。

パワハラを受けた看護師は60%も!

人間関係で悩んで退職した看護師の中で多く占めていたのは、上下間で起こるパワハラです。パワハラとはパワーハラスメントの略で「同じ職場で働く者 に対し、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と 厚生労働省が定義しています。医療機関だけでなく社会問題にもなっています。

アンケートによるとパワハラを体験したことのある看護師はなんと60%以上。半数以上もいたという驚きの数字ですね。看護師の場合は上司である師長 や主任、または医師や先輩看護師、同僚看護師から受けるパワハラです。自分の失敗はもちろん自分の責任で叱られるのは当然です。

しかし、単に「嫌がらせ」 ということだけで、わけのわからない説教を受けるパワハラはかなりの苦痛ですよね。もし、職場でパワハラを受けてしまったらなるべく早急に信頼できる仲間、先輩、上司に相談してみましょう。例えば人事異動などで環境を変えられる可能性もあるからです。

ハラスメントの実例

「対等な関係」になければ誰もが加害者になりうるハラスメント「harassment「とは、 日本語では「嫌がらせ、いじめ」と訳され、一般には、相手が不快に感じた言動は、発した側の意図や考えは関係なくハラスメントとされます。

つまり、言った本人は「そんなつもりはなかったのに」とはいっても、相手が不快に感じ「嫌がらせを受けた」と思った瞬間に「ハラスメント」になってしまうのです。ただ、普段の何気ない会話の中での不快な言動すべてを「ハラスメント」と考えることは一般的ではありません。

そうした言動が繰り返されることにより、職場環境や療養環境が悪化する場合を指して「ハラスメント」と表現することが多いようです。

看護師は医師によるハラスメントの被害者となりがち

ですが、看護部が強い組織では、ベテラン看護師による若手医師へのパワハラも起こっているのかもしれません。どのような立場の人であっても、ハラスメントの被害者となる可能性と同時に、無意識のうちに加害者となってしまう可能性さえあるのです。

一方、医療者―患者間の知識・情報の絶対的な非対称性や日本国民の「おまかせ」志向から、患者と医療従事者(特に医師)との関係では、患者は弱い立場だとされてきました。「患者中心の医療」「患者様の人権の尊重」といった当たり前のことが、多くの病院で理念として掲げられるのもその象徴といえるでしょう。

しかし昨今では、 インターネットの普及やパターナリズム医療への反発から、必要以上に権利を主張したり、医療者側に攻撃的な患者・家族も増えてきました。

パターナリズムとは
「医者と患者の権力関係」がパターナリズムであると、1970年代初頭に医療社会学者のエリオット・フリードソンによって指摘された。著書の『医療と専門家支配』では、医療専門職を専門職のプロトタイプとしており、専門職が社会的支配力をいかに獲得し、クライアントに影響を及ぼしてきたかなどが言及されている。この医療現場におけるパターナリズムは「医療父権主義」「医療パターナリズム」と呼ばれる。
pedia看護用語辞典 看護師pedia

疲弊する医療現場では、こうした患者。家族は医療者を脅かす存在にさえなってきています。こうした状況だと、本来守られるべき患者の権利も、労働者としての医療従事者の権利も混沌として、何が大切なのかを見失ってしまいそうな気がします。

そこで、 こうした背景を考慮しつつ、具体的な事例で考えてみましょう。

突然の患者の怒りと医師の反論

A看護師は、内科系混合病棟で働く中堅看護師です。気持ちは優しいのですが、少しぶっきらぼうなものの言い方で、師長に時々注意をされます。

今日も忙しい夜勤帯に入り入院患者Bさんへの指示をみると、

「8時間毎の点滴」の指示が出ています。

入院前の外来で18時に点滴を実施しているので、次は深夜2時の実施になります。Bさんはぐっすり眠っています。A看護師はBさんを起こさないように気を配りながら、ベッドサイドでそっと準備していました。しかし、Bさんはその物音に気づいて目覚めてしまいました。

少し寝ぼけているのかびっくりした様子で、A看護師に怒りだしました。

Bさん 「何してるんだ! こんな夜中に」

A看護師「何って、点滴ですよ。点滴!」

Bさん 「なに~ ! 人の病室にいきなり入ってきて、勝手なことするな」

A看護師「勝手つて……。8時間おきに点滴するって外来で言われたでしょう」

Bさん 「そんなこと聞いてないぞ| だいたぃお前はな……」

と、あまりの剣幕に周囲の患者さんにも迷惑になると判断したA看護師は別のC看護師に頼んで点滴を代わってもらいました。

C看護師の説明には「八ラスメント」と患者の権利 対等な関係であるために一応納得して点滴を受けたものの、Bさんの怒りはおさまりません。点滴台を押しながら看護師ステーションまでやってきたBさんは、A看護師の態度が気に入らないから土下座して謝れとまで言っています。

仲裁に入ったC看護師は困り呆てて、当直のD医師に相談しました。

忙しい救急外来の合間に呼ばれたD医師は不機嫌にやってきて、頭ごなしにBさんを怒鳴り始めます。

D医師「Bさん、看護師になんてこと言うんですか! 業務威力妨害で訴えますよ!」

Bさん「……」

D医師「だいたい、8時間おきに点滴するって外来でも説明してあったでしょ。病気治したくないんですかつ 最初の点滴が夕方だから次は夜中になるって考えたらわかるでしょ。勘弁してくださいよ。看護師が辞めたら責任とってもらいますよ」

Bさん「いきなり枕もとにいたからびっくりして……」

結局その場はこれでおさまったものの、A看護師とBさんとの間にはじこりが残ってしまいました。翌朝の検温の際にもBさんは「あんたの顔はみたくない、担当を変えてくれ」とぷいっと怒って横を向いてしまうので、前回同様、C看護師に代わってもらうこととなりました。

「怒鳴った患者が悪い」で済ませていいのか

翌朝、夜勤時の出来事の報告をC看護師から受けたE師長は、少し考えこんでしまいました。患者さんの怒りを引き起こしてしまったことはもちろんですが、その報告の際のC看護師の回ぶりが気になったのです。A看護師をかばう気持ちや、土下座まで要求するBさんへの怒りは理解できるとしても、Bさんに対して攻撃的な表現をとっており、D医師の弁護をしているのです。

A看護師はさすがに少し落ち込み気味で、

「自分の言動に何か問題があったのだろうか」

と首をかしげています。そこでE師長は、Bさんに

「昨晩はどうしました?」

と聞いてみました。夜中に懐中電灯のような明かりがつき、枕もとに座っていたので幽霊かと思ってびっくりしたこと、突然大声をあげたのは悪かったけれど、人を脅かしておいて「すみませんでした」のひと言もなかったと怒っています。またD医師の頭ごなしの言い方には、怒りを通り越してショックを受けている様子でした。

E師長はそのことはお詫びしつつも、「土下座なんて言葉を聞くと看護師も傷つくので十分注意してください」とお願いしてステーションに戻ってきました。

そこではC看護師が、昨晩の様子をスタッフに申し送りしていました。

「D先生がびしっと言ってくれてす~っとした」と大きな声でしゃべっているのです。さすがにE師長は、「それはどうかな。頭ごなしな言い方でBさんも傷ついていたよ」と伝えても、「あのくらい言ってもらわないと看護師はやってられない」と反論する始末です。

E師長は、 日頃からC看護師の権利意識の強い口調とD医師の患者さんヘの説明の仕方には問題を感じていたのですが、C看護師のまくしたてるような話し方につい圧倒されてしまいました。スタッフには冷静に対処する力をつけてもらいたいと思うのですが、うまく伝える自信がありません。

倫理調整の事例としてカンファレンス

F主任は、Bさんの事例を丁寧に整理しました。倫理的な問題として最初から焦点化するのではなく、 まずは事例検討として皆の意見を引き出すことに配慮しながらまとめました。

Bさん。病名:脳梗塞疑い、50代男性、妻と子ども2人の4人家族。建設会社の現場監督。
生来健康で、病気らしい病気をしたことがないのが自慢。前日の夕食時から箸を落とすなどの症状はあつたが、「大したことない」と翌朝仕事に出た。仕事中さらに症状が強くなり、職場の同僚に勧めらね受診、そのまま入院となつた。

入院時に説明を受けたが病名を聞いた途端、表情が変わり「脳卒中か……」と何度も独り言のように繰り返す。シ∃ックを受けて、医師の説明時も心ここにあらずといった様子だった。画像診断結果と病変部位を考慮すると、易怒性等の性格特性の変化や高次脳機能障害が残る可能性はあるが、ADLは自立可能、職場復帰はり八ビリ次第という主治医の判断であった。

この事例を読んだA看護師は、開ロー番

「ショックで点滴のことなんか忘れてたんだろうね」

と眩きました。

一方、C看護師は

「でも土下座なんて言葉は許されないよね」

と反論したのです。

「でもこの病変だと怒りっぱくなるって知ってたら、もっと違って見ていたかも……」

と誰かが発言すると、みんな黙ってうつむいてしまいました。そこでE師長は、「たとえ病気の影響による言葉であったとしてもこのような暴言は許さる行為ではなく、看護管理者としては皆を守っていける組織でありたいと思っている」「その点においてD先生の行為は看護師をかばってくれてありがたいという思いはあるものの、 もう少し違う対応がなかったかなと残念にも思う」と、ぽつりぽつりとつぶやくように話して、 カンファレンスを締めくくりました。

その後、A看護師とD医師はBさんに謝罪し、Bさんも「土下座なんて物騒なことを言ってしまって」と照れくさそうに頭をかいていたということです。

看護師は多忙な日常業務の中で、「説明したはず」「聞いているはず」という医療従事者側からの視点で考えがちです。しかし、その内容が正確に伝わっていない事例は日常よく出合っています。

「患者や家族の立場になって説明しないと、あれではわからないよ」と医師の説明の仕方に問題を感じる場面もあれば、何度も何度も丁寧に噛み砕いて説明しても、患者さんやご家族からもう一度振り出しに戻るような質問を受けてがっくりくる場面に出合うこともあります。

また今回の事例のように、患者の「病名」への先入観が強いと、医療者がいくら丁寧に説明してもうまく伝わらないこともあります。それは患者側の理解力の問題ではないのです。

そんな患者さん一人ひとりの病気に対する理解力や思いに配慮しつつ、ケアを提供できる看護師になってもらいたいと思うのは贅沢な要求でしょうか。

忙しいからこそ、少し立ち止まって、一人ひとりの価値観を大切にする感受性をもつことができれば、「ハラスメント」なんていう言葉はいらなくなるかもしれません。

労働悩み相談の相談件数NO1は「いじめや嫌がらせ」

厚生労働省の平成24年度の労働悩み相談の中で、いじめや嫌がらせは1番相談件数が多いのです。事例としてパワハラに悩み続け誰にも相談できずに自殺に至ったケースもあるほどパワハラは日常的に行われていると考えられます。

パワハラを受けた看護師

パワハラは注意されたり業務指示や指導で不満を感じたとしても、適したものであれば、それはパワハラではありません。

では、どういったものが、パワハラになるのかパワハラの種類を表にしてみました。

厚生労働省がパワハラを認める種類

種類 パワハラと思われる言動や行動
人間関係からの隔離 挨拶や会話を無視される
過度の要求 能力以上の仕事を押しつける
身体の攻撃 暴力や身体的ダメージを受ける傷をあたえる

 

プライバシーの侵害

  • プライバシーの侵害 ・プライベートに関して行き過ぎた干渉をされる
  • 必要以上の交際申込みや付きまとい

精神的な威圧

  • 人格否定
  • 暴言や脅迫をされ精神的ダメージをうける

過小要求

  • 掃除や整理など能力以下の仕事を必要以上に強要

職場でのパワハラ・嫌がらせ・いじめは、仕事のできる人への嫉妬がきっかけで、上司が部下に脅威を感じた時に一番おこりやすいようです。仕事のできない人の方が上司に可愛がられ、頑張って勉強をして仕事ができるようになった方がいじめられるという理不尽な環境があります。

メンタルサポート「こころの耳」を利用して早期解決を

医療機関はチームで仕事をしている事が多いので、チーム全体からパワハラをうけるよなケースもあるようです。

こういった問題はなかなか人に相談できなかったり、集団でパワハラを受けている場合は職場で相談相手を見つけることはもはや難しいのです。

自分の現状を信頼のできる同僚や上司を見つけ相談できるのが一番良い事かと思いますが、意外に誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は多いのです。そんな時は、厚生労働省が運営するサイトで、働く人へのメンタルサポート「こころの耳」というサイトがあります。

パワハラの相談窓口

この5つはパワハラの悩み相談ができる電話番号(フリーダイヤル有)の記載や、メールで相談ができるようになっているのでこういったのを利用するのもいいと思います。

もうひとつ、現状を変えるとするなら、転職を考えるのも良いと思います。

職場を変える事に抵抗感を感じる人は多いかもしれません。しかし、我慢して パワハラで悩み続けるより、職場の環境を変えて新たなスタートをきれば、 自分のスキルアップに繋がること間違いないでしょう。

退職を決断する前にまず上司に相談

仕事は、内容も重要ですが、それ以上に人間関係で成り立っていることが多いものです。せっかく勉強して憧れていた看護師になれたのですから、人間関係に悩んで精神的に追い詰められ、すぐ辞めてしまうことはとても残念なことです。

人間関係やパワハラで「退職したい」と考えた時には、まず自分自身で問題を解決する努力をしてみましょう。それでも何も変わらないなら、信頼できる上司に相談して改善を試みるのも一つの手です。

改善されなければ看護師転職支援サイトをおすすめします

改善が困難で精神的苦痛に耐えられず、ストレスをため込むような場合は最終決断として、転職という選択肢があってもよいと思います。しかし「転職先でもまた人間関係が悪かったらどうしよう?」「また同じようなパワハラでトラブルになってしまったら?」と不安になってしまいますよね。

そんなときは病院の人間関係や内部事情に詳しいコンサルタントがいる、看護師転職支援サイトのご利用をおすすめします。病院のホームページやハローワークでは入手できない人間関係の貴重な情報を収集しています。

看護師転職支援サイトで、悩みを一緒に解決

転職したいと考えている看護師は非常に多いですが、いざ転職をするという段階になった時、あれこれと悩んでしまうのも事実です。その点をクリアする事が出来れば、抵抗感もなく転職に向けて活動に専念する事も出来ます。

転職をするに当たっての様々な悩みも、転職サイトを利用することで、解決しながら次へ進むことが出来るというのは、やはり大きな意味を持ちます。

転職サイトの役割は、看護師求人の紹介だけではない

転職サイトと言えば転職をするための求人情報を探すサイトと考えている方も多いかもしれません。実際、掲載されている情報のほとんどは求人案件に関するものばかりになります。

しかし、転職サイトを利用すると言うのは、求人情報を探すだけではなく、転職に関する様々な問題を解決するためでもあります。

先に挙げたように転職に際しては様々な問題があります。職場の人間関係や担当している業務の問題。

出来るならば円満に転職をしたいというのが、多くの看護師の本音ですが、人手不足に悩む医療業界ではなかなか難しい問題でもあります。

転職のネックになっている悩みを相談

それらが転職のネックになっていることもありますが、転職サイトでコンサルタントに悩みを打ち明け、相談することができます。

自分が何をすべきなのか、円満に退職をするためには何が必要なのか、といったアドバイスをもらうことで問題を解決し、転職に向けて動き出すことが出来るようになります。

勿論、動き出した後は自分に合った求人を紹介してくれ、更に雇用条件の交渉など自分ではやりにくい事も、代行してくれるサービスですので、転職サイトを利用する利点は大きいものになります。

転職を躊躇する、収入減にも対応

人間関係に疲れ、どうしても他の職場に転職したい。でも…収入が減るのも困ると言った悩みも当然あります。

一時的な収入の低下は、祝い金で充当

転職をすると言うことは、新しい職場で新人として扱われることになります。どの程度のキャリアがあるのかにも寄りますが、ほとんどの場合、最初は新人として扱われ、その後に能力などを認められた際に待遇面も改善されます。

しかし、一時的とはいえ、収入面で低下すると言うのは厳しい問題です。離職をした時から入職までの待機期間が長くて、収入が減ったと言う事もあります。そんな時、転職サイトを利用することでこれらの問題を解決することが出来ます。

転職サイトを利用して転職を成功させた場合、支給される祝い金の存在です。どのタイミングで支給されるかは転職サイトによって違いますが、入職後即時支給のケースと、一定期間勤務継続後に支給のケースに分かれます。

即時支給の場合、若干支給額が減ることになりますが、待機期間がある程度長くても収入面の減少が気にならなくなります。一定期間勤務継続後の子宮は、条件としては1ヶ月や数ヶ月以上の勤務実績、と設定されていることがありますが、その条件をクリアしてしまえば、即時支給よりも多い金額を受け取ることが出来るようになります。

職場での研修期間をカバーする程度の金額をもらうことが出来るというのは、転職をする上でとても重要な要素です。転職に関して様々な希望はありますが、やはり金銭面でのサポートが最も助かるサポートであると言えます。

一人より、転職サイトの力も借りる

自分一人で転職活動をすると言うのも悪くはありません。自分のリズム、自分のルールで行うのはやはり気持ち的に楽なものがあります。

しかし、転職をすると決めたからには、出来るだけ早い段階で次の転職先を決めて、引継ぎなどを行なうことが大切です。それらも含めてスムーズにやり取りをするためには、やはり転職サイトと言う存在は欠かすことが出来ません。

まとめ

人間関係の良い職場であれば、お互いをフォローしあい、仕事がスムーズにはかどり、毎日の仕事にやりがいが生まれ、スキルアップしていけます。

パワハラにあい、今の職場では改善が望めない場合、転職することも一つの解決法。看護師転職サイトも利用して、自分に有った職場をみつける。コンサルタントに転職のネックになっている悩みを相談したり、自分に有った転職先を一緒に探してもらえます。新しい職場で再スタートをして、将来に希望を持つことができたら「転職して良かった」と思えることでしょう。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。