看護職は病院だけではなく地域包括ケアに突入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
訪問看護で子供を癒している看護師

「地域包括ケアシステム」という言葉を聞いたことがありますか?

地域包括ケアシステムとは、訪問看護が属する在宅医療はもちろんのこと、大病院の入院医療も含めた「医療」と「介護」を統合した地域のなかでの、包括したケアシステムのことです。

決まった形があるわけではなく、それぞれの地域の特性に応じて独自にみんなでつ<りあげていくという方向です。地域。自治体(市町村)ごとに、違つたシステムを構築しはじめているところです。

2025年に向けて医療と介護が続含される

団塊の世代といわれる、昭和20年代前半生まれの膨大な人数の方々が、後期高齢者になるのが2025年。高齢化率が30%を超え、本格的な超高齢社会となります。そこで、2025年を1つの目安として、医療と介護のサービス体制を大幅に見直し、つくり変えていこうとしています。

医療と介護のサービス体制の特徴とは

  •  1つ目
    これまで「医療」と「介護」が別々の考え方で行われていたのを、―緒にするということです。いわゆる「医療」と「介護」の統合です。
  • 2つ目
    医療のありかたが「病院中心」「治療中心」から「地域のなかで」「寄り添う医療」に切り替わるということです。

これらのことが、これからの看護師の働く場と役割に大いに関係してきます。

看護職の目が病院外にも広がってきた最近、病院の看護部長の発言に変化が見え始めています。「これからは病院外の患者さんや住民が住む場での看護が重要。外来と訪問看護がとても重要」という方が増えているのです。

患者さんを地域で支えていく時代になる

訪問介護での子供ともふれあい

現在、日本の看護職の80%以上は、病院などの医療の場で働いていますが、今後は、訪問看護や特別養護老人ホームなどの介護施設、あるいはデイサービスなど、生活の場での看護がとても重要になってきます。医療二―ズの高い人を、病院ではなく、地域で支えていく時代になるのです。

大きな志で新卒看護師でも訪間看護職に就く

「訪問看護は病棟経験を積んでから」「訪問看護はベテランの仕事」などと思っていませんか? 時代は変わってきました。ここ数年間で、大学・看護学校を卒業した直後の新卒看護師を、訪問看護ステーションで採用し、育てていこうという実践・機運が高まってきました。

「生活支援のプロ」としての看護師の育成です。

支える仕組みづくりが始まった

「病院を辞めて、訪問看護に就くのは自信がない」という看護師も多いでしょう。そこで、運営母体が違う病院と訪問看護ステーションでも連携して、1~2年間の中長期研修・出向を行うことが検討されています。

籍は病院に置きつつも、訪問看護ステーシ∃ンでスキルが磨けるという仕組みです。長い看護職人生、ぜひ、一度は訪間看護を20代の看護職に提案します。自身の看護師人生を見通したときに、「20代で一度は訪問看護の経験をしよう」と伝えたいです。

看護観に広がりと深みをもたせてくれ、必ず「やって良かった」となると思います。

年代別の看護師への提案

30代、40代の看護職に提案

これまでの経験をさらに生かすべく、「病棟での看護職から、生活の場での看護ヘシフトしよう」と。自分自身の価値観の変換も迫られますが、看護師人生の熟成期に「医療ではない、新たな場での看護に応えようとするあなたはすばらしい」とエールを送ります。

50代以上の看護職に提案

「思い切って事業立ち上げに挑戦しよう」と。約60歳で定年になってからの人生は長いものです。そこから20年くらいは何らかの形で社会に貢献できます。それを見越して自分で事業所を起こして展開する道に挑戦してみる方法があります。

50代から準備するほうが望ましいでしょうが、自身のやる気とお金、地域を見渡す力と相談して検討してみてください。50代に限らず、最近では20代で会社を起こし、事業展開する看護職も増えてきました。

まとめ

時代の二一ズなのだと思います。変化の大きいこれからの時代に対応していくには、一度は病院という場だけではない看護職を経験しておくことです。あなたの活躍の場をさらに広げてくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。