助産師仕事内容~妊婦の心と体を癒す助産師の魅力

助産師は、医師と同様に「開業権」が与えられており、助産所を開設することができます。助産所では、正常な経過をたどる妊娠、分娩、産後のみを取り扱い、病院と同じように妊婦健診、分娩、産後健診、母乳相談・乳房マッサージなどを行なっています。

病気をもった妊産婦の分娩、帝王切開や吸引分娩などの「異常分娩」は取り扱えないため、正常・異常の判断を正しく行ない、地域の医師や病院と連携することで、安全に妊娠・分娩が取り扱えるようにしています。出産に関し、医療の介入(陣痛促進剤の点滴や、器械を使ってお産をすること)を行なうことなく自らの力で出産できるよう妊娠中の生活、食事や身体づくりなどにおいて妊娠初期から全面的にサポートします。

助産師は女性の「産む力」をサポートするスペシャリスト

継続的に関わりをもつため、顔が見える関係です。出産では、夫だけでなく子どもも立会い、家族を主体とした普段の生活環境に近い自然な雰囲気でお産ができるようサポートします。助産所は自宅のようなつくりの施設で、分娩台はなく、畳やベッドの上で自由な姿勢でお産ができます。

また、助産所では、産婦の自宅での出産もサポートしています。「助産所助産師」は、育児や母乳育児支援の専門家です。助産所は産後の入院施設としての役割も果たし、病院を退院したあとに育児に不安があったり、母乳育児がうまくいかないなどの母子の入院も行なっています。

母乳分泌不足や乳房の痛ななどの乳房トラブルの時も、的確なアドバイスやマッサージをして治療します。また、必要があれば自宅への訪問健診も行なっています。助産所では子育てに関するクラスを開いたり、母親の自主グループ(お母さんたちが運営する子育てグループ)に活動の場所を提供するなど、子育てをするお母さんのサポートをしています。

地域のお母さんと赤ちゃんたちの架け橋として

また、市区町村の委託を受けて母親学級(妊婦が妊娠や出産について学ぶクラス)や育児訪間を行なっている助産師もおり、より地域に近い存在として、お母さんや赤ちゃんたちの架け橋となっています。

助産所で働くある助産師の1日の例

6:30~ 入院母子の朝食準備、配膳 院内清掃外来準備
9:00 夜勤者からの申し送り・ミーティング、学生。研修助産師との調整
9:30 外来開始(妊婦健診、産後健診、母乳相談、マッサージ)、入院中の母子のケア
13:00 昼食
14:00 マタニティヨガクラス、入院中の母子のケア
16:00 会計業務、カルテ入力ほか事務作業
17:00 入院母子の食事・配膳準備
19:00 入院母子のケア、事務作業など
21:00 夜勤者への申し送り(泊りのこともある)

助産所助産師の仕事

  • 妊婦健診(妊娠から出産、育児までの継続ケアの提供:同じ助産師が診る)
  • 分娩介助
  • 産後の母子の観察とケア(産後入院中)
  • 産後健診(数週間後、1か月後)
  • 母乳相談
  • 出産準備・育児クラスの実施
  • 助産所管理業務(掃除や食事の準備、会計、予約受付、事務作業など)
  • 地域の母親学級や育児相談

自宅出産の介助をする

戦前は、日本でも自宅での出産が主流でした。産婆さんが妊婦の家に駆けつけ「お湯を沸かして」と叫ぶシーンをテレビの時代劇で見た人もいるでしょう。

最近では、ほとんどの人が病院や診療所といった医療施設で出産するようになりました。現在、自宅で出産する人は全出産の0.2%程度ですから、かなりの少数派といえます。

医療施設での出産と自宅出産のちがい

自宅出産をサポートしているのは、主に開業助産師です。開業助産師のなかには、入院施設を持たず、自宅出産のみを受けている助産師もいます。医療施設での出産と自宅出産との大きなちがいは、助産師が妊婦の家に訪問してケアを行なうことです。妊婦健診も、妊婦の家で行ないます。

自宅ですから、もちろん上の子どもや夫もその場にいます。大きくなってきた母親のおなかを触ったり、胎児の心拍を聞いたりすることで、弟妹が生まれることを自然に受け入れられるといわれています。助産師は、大きなかばんにドップラー(胎児の心音を聞く器械)、血圧計など必要な器械をすべて持ち歩き、どんなときにも対応できるよう備えています。

陣痛がはじまると、助産師は妊婦の家へと向かいます。通常、出産のときには2名以上の助産師がつき添います。助産師は、出産が正常の範囲内か注意深く見極めながら、妊婦と家族が安心して出産に臨めるようにサポートします。慣れ親しんだ家で、家族とともに迎える出産は、自然で穏やかな場合が多いのですが、出産は何が起こるかわかりません。

異常の兆候がみられたときには、すぐに病院に搬送します。すばやい搬送ができるように、日ごろから病院との連携体制をつくることが何よりも大切なのです。自宅での出産は、病院とはちがって高度な医療処置は行なえません。したがって、正常の妊婦のみに限られています。

出産後の数日間は毎日訪問し、母子の健康状態を観察し、新生児の沐浴(お風呂に入れる)や授乳の介助などを行ないます。助産師は、新しい家族の出発がスムーズにいくように、それぞれの家族に気を配り、家族全体を援助しているのです。

自宅出産を予定している妊婦の支援

妊婦健診
妊婦健診
妊婦健診のために家庭訪問します。妊婦健診は、妊婦や胎児の状態を観察するだけではなく、妊婦や家族とともに出産に向けての必要物品の準備をします。

自宅での出産
自宅での出産
陣痛がはじまると、助産師は妊婦の家に駆けつけます。そして、妊婦と家族が安心して出産に臨めるようサポートします。もちろん、必要な器機は持っていきますが、分娩台など病院のようにすべてはそろっていないので、家にあるものを上手に利用します。

産後のケア
産後のケア
出産後1週間程度は毎日、家庭訪問をして母子の健康状態をチェックします。訪問時には、新生児の沐浴や授乳の介助もします。新しい家族がうま<生活できるように様子を観ながらサポートしていきます。そして、1か月健診まで母子の状態を観ていきます。

出産準備・育児グラスの運営

助産師の大切な仕事の1つに、母親と家族が出産を迎えるための準備のため、そして新たにはじまる育児のために、知識と技術を伝えるクラスの運営があります。

助産師は母親になる準備を一緒に行う

最近では、従来からある母親学級に加え、父親も出産育児に積極的に取り組めることを目的とした両親学級、妊婦が自分の身体と向き合い健康的に妊娠・出産を迎えるためのマタニテイヨガやマタニテイビクス、赤ちゃんとのコミュニケーションを促し育児を楽しむためのベビーマッサージなど、さまざまなクラスの企画および運営が行なわれています。

母親学級も、教室のような大きな部屋での講義というより、同じぐらいの妊娠週数の妊婦を集め、少人数のグループで行なう形式が増えてきています。

「出産準備クラス」において、助産師はさまざまな役割を呆たします。専門家としての知識の提供のなならず実際の妊娠。出産に役立つような具体的なアドバイスができるので、イメージづくりにつながる利点があります。また、クラスを通じて時間を共有するなかでお互いの信頼関係が得られ、ささいなことが聞けたり、気持ちを共有できたりすることが、分娩、育児への安心感にもつながります。

なお、クラスにおいて助産師は妊婦同士をつなぐコーディネーターの役割を担っています。同じ境遇にいる妊婦や先輩ママと話をすることはお互いの力を高め、出産に向けて、または育児をするうえでの前向きな気持ちを育むことができます。

助産師はこのような力を最大限に引き出すような関わりをしています。「産後のクラス」では、クラス本来の目的(子育てに関する知識の提供)以外にも、育児に関する専門家に相談できる場としての役割が求められています。特に、孤立した子育てが問題になっている昨今では、とても重要な役割を担います。

いのちの大切さを伝えるクラス

妊娠や出産は、生命の神秘ともいえる現象です。そして助産師は、いのちの誕生を助け、いのちを守る職業です。最近、子どもたちのいじめ、自殺が大きな社会問題となっています。

これらの問題の根本には、“人を大事にする、自分を大事にする”という心が人々に欠けてしまったことが原因なのではないでしょうか?助産師は、毎日、いのちの誕生の場に立ち会っており、いのちの大切さ・尊さをとてもよくわかっています。そして助産師は、いのちの大切さを人々に伝える役割を担っているのです。

日本助産師会(助産師の職能団体)では、幼児から高校生までの子どもたちに対して「いのちの教育」を行なっています。たとえば、東京都助産師会は、中央区の小学校で「いのちの教育」を展開しています。

「いのちの教育」は、助産師がいのちのはじまりから出産にいたるまでの過程をわかりやすく説明し、いのちの大切さを伝えるクラスです。まずは、妊娠の経過の説明。生徒に、妊娠3か月、6か月、9か月の胎児の大きさの人形を抱っこしてもらいます。

卵子の大きさは、0.2ミリほど、塩の粒くらいの大きさです。それが、子官の中で大切に育てられ、生まれるときには3,000グラムぐらいになります。

胎児が育つのに大切なのが「胎盤」。子官の壁についていて、贋帯(へその緒)をとおして酸素や栄養を運びます。実物大の新生児の人形は、「思ったより重い」との感想が多いようです。そして、出産。出産のプロセス、そして何よりも両親が心から幸せを願い、母親が自分のすべてをかけて出産する様子を劇で表現します。

「生まれてきてくれてありがとう」この一言は、「自分がかけがえのない存在なのだ」ということを実感させてくれます。どの子どももみんな大切な存在であることを理解できます。

「いのちの教育」は、子どもたちのみならず、親も参加できる学校もあります。親たちも自分の出産に思いをはせ、「無事で生まれてきてくれたことへの感謝」の気持ちを思い出すきっかけとなるようです。

助産師は赤ちゃんを亡くした母親や家族への支援も行う

多くの人が妊娠にともなって元気な赤ちゃんをイメージし、その誕生を心待ちにします。しかし時として、生まれてくる前にお母さんのおなかの中で亡くなってしまう赤ちゃんがいます。このような場合を「死産」といいます。

期待に胸を膨らませていた両親にとって、死産は喜びが暗転する、非常に辛く悲しいものです。死産により子どもを亡くした両親の悲嘆へのケア(グリーフケアと呼ばれています)も、助産師の役割の1つです。

グリーフケアの例

1.亡くなった赤ちゃんと一緒に過ごす、大事な時間
亡くなった赤ちゃんと一緒に過ごす
家族でゆつくりと過ごす時間をもつことは、両親にとって重要な意味をもちます。悲しい出来事のなかで、よい思い出の時間として、多くの両親はその体験を肯定的にとらえています。

2.赤ちゃんの思い出を飾る箱と、赤ちゃんのための洋服・布団
赤ちゃんの思い出をつくる
死産でどんなに小さく生まれても、赤ちゃんのための特別な洋服や布団を用いて、1人の人として尊厳をもって世話をします。また、へその緒や手型、写真など、赤ちゃんの思い出の品をたくさん箱につめて両親が退院できるように支援します。

3.亡くなった赤ちゃんの象徴
亡くなった赤ちゃんの象徴
多くの両親は、自分にとって赤ちゃんの象徴となるものを身近において生活しています。写真は、赤ちゃんと同じ体重の手づくりのベアです。それらの品に話しかけるなどの行為を通じて、亡くなってはいるけれど親子の絆を感じることが、グリーフワークに役立つことがあります。

両親の悲しみに対するケア

以前は、死産の体験を忘れることが悲しみへの対処だと広く考えられていました。死産で生まれた赤ちゃんはまだ社会的な存在ではなく、大抵の場合、次の子どもが生まれれば両親は亡くなった子どものことは忘れ、悲しみもなくなると思われていたのです。

しかし実際には、たとえ次の子どもを出産しても両親は亡くなった子どもを忘れておらず、その顔すら見ていないことで悲しみを一層深くしている場合もあることが最近の研究でわかってきました。

亡くなった子どもに会いたかった、抱きたかった、親として何かしてあげたかった、忘れたくないという思いを、多くの両親が抱いていたのです。こうしたことから最近では、両親の意向を尊重しつつ、出産のあとに亡くなった赤ちゃんに出会い、見送るプロセスを大事にするケアが行なわれるようになっています。

両親が子どもにはじめて出会うとき、怖さや不安が少しでも和らぐように赤ちゃんの洋服や布団を工夫し、親子の絆をゆっくり確認できるように場のアレンジをします。

赤ちゃんをお風呂に入れる、洋服をつくって着せてあげる、親子で川の字になって寝るなどのアイデアを提供し、子どもにしてあげたいと両親が感じたことを実現できるように支援します。さらに、亡くなったそのときだけではなく、その後も、その子どもとの絆を確認できることに両親は意味を見出しています。

そのため、写真をはじめ手型や足型・へその緒など、赤ちゃんにまつわるものをできるだけ多く残しておけるようサポートします。

助産師の国際活動

助産師が海外で仕事をする場合、働く場所により大きく2種類に分かれます。1つは欧米のような先進国で働く、もう1つは経済的に貧しい国(開発途上国、以下、途上国)で働くことです。

どちらの場合も、日本の助産師免許をもっていても、すぐに海外で働けるわけではありません。特に、先進国の場合、その国の助産師免許を取得する必要があります。一方、途上国で働く場合は、その国の保健省(日本の厚生労働省にあたるところ)に許可をもらい、仕事をすることが一般的です。

途上国における助産師の仕事内容を紹介

途上国での助産師の仕事

  • 現状を調査して分析し、活動計画を立てる
  • 活動に必要な調整をする
  • 活動を実施する(教材作成、研修、技術指導、器材提供など)
  • 行なった活動を評価し、関係者に報告する
  • 相手国政府も含めたさまざまなところで交渉する
  • その他の管理業務(会計、人事、広報)

途上国での助産師の仕事は、大まかに次のように進められます。まずは、現地の状況を見て、現地の助産師たちの話をよく聴き、現状の分析をします。それを基に活動計画を立て、活動をはじめるために必要な調整をします。準備が整ったら、活動を開始します。

活動は、現地の状況により異なりますが、研修や技術指導を行なったり、教材を作成したり、必要であれば器材の提供もします。行なった活動は、必ず評価し、関係者に報告します。活動を継続するためにも、相手国政府も含めたさまざまな場面で交渉が必要です。そのほかに、会計、人事、広報などの管理業務も欠かせません。

これらからもわかるように、いわゆる出産の介助や産後の母親や赤ちゃんへの援助を直接行なうことは、あまり多くありません。あくまで現地の助産師たちと協力しながら、母親と赤ちゃんのために何が必要かを考え、それを実現するために教育(現地助産師へのトレーニングなど)・交渉・調整を繰り返すことがほとんどです(ただし、災害や紛争地帯での緊急援助の場合は、例外的に現地で直接ケアを提供するような活動が多くなります)。

つまり、助産師の国際活動は、現地の人たちがどうしたら継続して安心。安全に出産ができるか、現地の専門家とともに考え行動すること、といえます。

また、子どもを生む。生まないにかかわらず、生む性をもつ女性の希望が実現する社会を目指すことも重要です。そこから広がり、女性が文字の読み書きができるような支援、学校に行くための支援、経済的な自立のために手に職をつける支援などに取り組む助産師もいます。

まとめ

助産師のケアは、すべての女性にとって欠かせないものと思っています。それぞれの妊婦の個性や家族の状態、生活に合わせたきめ細やかなケア、妊娠から子育てまでの継続した支援、不安でいっぱいな母親の心と体を癒す技術など、助産師のケアの基本は科学ですが、同時に芸術的でもあります。

10年以上前になりますが、私は信頼している助産師に来てもらい自宅出産をしました。辛い陣痛も、家族とともにゆったりと安心して過ごせた
おかげで、楽に乗り切ることができました。この助産師は、私が産みたいようにサポートしてくれました。

そして、子どもを産んだ時、「私は本当によくがんばった!」と自分自身を誇らしく思えたのです。これは、とても大切なことです。「あなたがいてくれたから産めました」ではなく、「私は自分の力で産めました」と言ってもらえること、これこそが助産師の真の評価ということができます。

助産師の仕事は、黒子になることといわれます。女性が「自分の力で産むことができた」と思えることは、その後の育児を含め人生を自分の力でたくましく生きてゆく源になるのだと思います。

そんなサポートができる助産師の仕事、私は自分の仕事ではありますが、すてきだなといつも思っています。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

SNSでもご購読できます。